鬼人幻燈抄【レビュー】約200年の時を越えて鬼が得たもの

アイキャッチ画像 ファンタジー
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
カピドン
カピドン

【鬼人幻燈抄】って面白いの?

読みバラさん
読みバラさん

文字数とかジャンルについても詳しく知りたいです

そんなあなたの悩みを解消します。

この記事を書いているカピドンは、WEB小説歴約7年。

WEB小説を1000作品以上読んでいます。

この記事を書いた人

プロフィール
物語オタク カピドン(カピ-ル・ドゥラン三世)
Youtube

Twitter
小説100作品読了
アニメ350作品視聴
WEB小説1000作品読了
これらのレビュー記事をどんどん量産してます!!
物語の専門家なので、あなたのお役に立てること間違いなしです。

kapidonをフォローする

今回は私の独断と偏見に基づき、【鬼人幻燈抄】をレビューします!!

スポンサーリンク

小説家になろうおすすめローファンタジー【鬼人幻燈抄】

著者名 ジャンル 更新状況 文字数
モトオ ローファンタジー 完結済み 2,119,925文字
あらすじ
 鬼に成れど人の心は捨て切れず。
江戸、明治、大正、昭和、平成。
途方もない時間を旅する、人と鬼の間で揺れる鬼人の物語

総合評価:★10の歴史に残る神作です!!

テンプレ度 ファンタジー度 オリジナリティー 恋愛度
1.0 3.5 5.0 3.5
総合評価
10.0

【鬼人幻燈抄】は、総合評価が★10の歴史に残る神作でした。

最初から最後まで、ずっと涙が止まらない物語です。

もうクラナド(わからない人は、ワンピースのチョッパーエピソードを想像してください)の泣けるシーンが、隊列を組んで襲ってくる感じなので、

カピドン
カピドン

ギョピエーアーン(泣)

って泣き叫んじゃいます。

とんでもなく疲れる

【鬼人幻燈抄】はめちゃくちゃ控えめに言っても、物凄く完成された物語となっています。

なので欠点などは特に思い浮かばないのですが、あえて言わせてもらうなら、とんでもなく疲れるということです。

先程も書いたとおり、最初から最後までずっと、アンチマテリアルライフルをフルオートで、心にぶち込まれてしまうような感動が襲ってきます。

間違っても平日に読んではいけません。

次の日の仕事の生産性が、下がりまくります。

絶対だめですよ!! ダメ!!

カピドン
カピドン

フリじゃないよ

時間の暖かさと残酷さ

この物語は、江戸から平成という約200年もの、途方も無い長さの時間を200万文字という、ちっぽけな文字数で描いています。

もうカルピスの原液✕100倍というような濃さで、物語を展開していく作者の手腕は、見事としか言いようがありません。

その中に存在する、主人公のような鬼と人間の寿命の違いからくる暖かく、そして残酷な時間の流れが際立ち、圧倒されてしまいます。

喪失と成長

主人公は愛する者、家族、仲間など様々なものを失っていきます。

それが主人公にとっても、読者にとっても辛い、とにかく辛いです。

何回も書いて申し訳ないのですが、もう物語の大半は、涙を流しながら読むほど、辛く感動します。

でもその喪失を糧にどんどん成長して、時代を超えていく主人公の生き様には、鳥肌が立つほど心が震えます。

正義と悪

この物語の登場人物の一人一人が、正義であり、悪でもあります。

主人公、仲間、そして敵、他者からどんなに悪に見えたとしても、自分にとってはこれが正義なのだと、自分の信じた道を突き進んで行きます。

そんな姿に憧れるとともに、それぞれがすれ違ってしまう姿に、悲しくなってしまうのです。

つまり何が言いたいのかというと、正義であろうと悪であろうと、登場人物の一人一人が読者の心に楔を打ち込む程に、輝きを放っているということですね。

さっそく読んでみよう!!

読みバラさん
読みバラさん

私はプロが添削している完璧な文章が読みたいですね。

というあなたは、電子書籍をポチっちゃうのが、おすすめです。

AMAZONで購入する場合には、全巻kindleunlimited(読み放題サービス月980円)で読むことができます。

3000円くらい得できます!!

カピドン
カピドン

文章が多少崩れててもいいから、早く読ませなさーーーい!!

というあなたは小説家になろうのサイトで、読むのがおすすめです。

もう無料で読めちゃうなんて最高ですよね!!

他のもおすすめの物語はたくさん!!

今回は小説家になろうおすすめローファンタジー【鬼人幻燈抄】について紹介しました。

もっと他の作品を知りたいというあなたには、下記の記事がおすすめです。

それではこれで終わりたいと思います。

WEB小説大国を目指してカピドンでした。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました