外でWEB小説を読むなら、WEB小説リーダーがおすすめ!! 飛行機怖い

アイキャッチ画像 web小説
スポンサーリンク

ろうでも公開しています

スポンサーリンク

飛行機怖い

ギュイーン

「ヤバイヤバイヤバイヤバーイ 落ーち-るー」

「落ち着いてくださいお客様!」

「スマホが機内モードだからWEB小説が読めない-。」

「うぇ、WEB小説でございますか!?」

「WEB小説で気を紛らわさないと、飛行機が落ちそうで怖いー」

「も、申し訳ございません。お客様。出発時「飛行機のドアが閉まった時」から「着陸後の滑走が終了する時」まで、通信用の電波を発信する状態の電子機器はご利用になれません。」

「イヤー降りるー」

──────────────────

外でWEB小説を読むなら、WEB小説リーダーがおすすめ!!

「ということがあったんだ」

僕は学校の休み時間に友人のアプ太に、昨日の飛行機で起こった悲惨な出来事について伝えた。

「それは災難だったね」

「こんな時におすすめのアプリはなんかない?」

アプ太は世の中に存在するアプリをすべて知っているのではないかと思うくらい、アプリについて詳しくとても頼れる存在だ。

「うーん、WEB小説リーダーがおすすめかな」

「どんなアプリなんだ?」

僕はワクワクしながら、アプ太に尋ねた。

「WEB小説リーダーはWEB小説をダウンロードして、オフラインでも読めるようにするアプリだよ」

「お、オフラインで!? ということは機内モードでWEB小説を読めるってことか?」

もうあんな思いをして飛行機に乗らなくていいと思うと、気分が楽になる。

「うんそうだね! 通信料金をかけずに機内モードでWEB小説を読むことが出来るよ」

「あーでも、小説一つ一つダウンロードしないといけないのはめんどくさいなー」

僕はめんどくさがりなので、すぐに使うのをやめてしまいそうだ。

「まあ、確かにめんどくさいかもしれないけど、すぐにダウンロードが終わるからそんなに気にならないと思うよ。」

「ふーん、じゃあ使ってみるか。 どこでダウンロードできるんだ」

さっそくアプリをダウンロードするために、アプ太に方法をたずねた。

「Google play storeでダウンロードできるよ。」

「あれ? Iphoneにはないのか。」

僕はAndoroidなので関係ないのだが、気になったので聞いてみた。

内容を入「うん。Iphoneにはないんだ。でもIphoneの人には巻丸という同じようなアプリがあるからだいじょうぶだよ」力してください。

WEB小説リーダー使い方

「ふーん。どうやって使うんだ?」

僕はアプリのインストールが終わったので、アプ太にそう尋ねた。

「使い方はとても簡単だよ。まずは好きな小説を開いてもらえる。」

「よし!!」

僕は最近アニメ化が決まった。無職転生を開いた。

 

「そしたら右上のこのボタンを押して共有して」

「よし」

 

僕は共有ボタンを押した。

 

無職転生

共有

 

「そしてWEB小説リーダーを選んで、アプリ画面が開いたら、取得を押してみて」

「よし」

僕はWEB小説リーダーを選び、取得を押した。

説明画像

 

説明画像

「これで終わり。あとは勝手にバックグラウンドでダウンロードされるよ。」

「ん!? バックグラウンドってなんだ?」

僕は気になったことを質問した。

「んーと こんな風に他のアプリを開いていても、勝手に裏の方でダウンロードしてくれる機能だよ」

説明画像

「ほへーそんな機能があるんだな!」

「うんそうだね! 後はアプリを開けば読めるよ!」

説明画像

「よしわかった。ありがとう。」

 僕はアプ太にお礼を言った。

「どういたしまして。また困ったことがあったら何でも聞いてね。」

「おう!!」

 ───────────────

「よしアプ太におすすめのアプリを教えてもらったしこれで飛行機も怖くない」

 一か月後僕ははワクワクしながら、飛行機に乗った。

「~快適な空の旅をお楽しみください。」

「ヤバイヤバイヤバイヤバーイ 落ーち-るー」

「落ち着いて下さい。お客様」

「ダウンロードするの忘れたーーーーーーーーーーーーーーーー」

 僕はどんなに便利な世の中になっても、準備を怠ったら何の意味もないことを再認識した。

 WEB小説大国を目指してカピドンでした。

 ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました