おすすめ恋愛WEB小説X選(随時更新)

アイキャッチ画像 web小説
スポンサーリンク

この記事は

おすすめの恋愛WEB小説が知りたい人

に向けて書いています。

こんにちはカピドンです。

今回の興味はWEB小説です。

私は読書歴が5年くらいなので、WEB小説初心者のあなたには少し役立つかなと思います。

スポンサーリンク

おすすめ恋愛WEB小説X選(随時更新)

私がほんの少しでも面白いと思った作品を紹介しています。

初心者向けや上級者向けなど全く考えずに、適当に載せているので、あんまり期待しないでください。

3つくらい面白いのがあったらいいなというような感じで、読んでいただけると幸いです。

ちなみに私の一番のおすすめは「親友モブの俺に主人公の妹が惚れるわけがない」です。

ぜひ読んでみてください。

 

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。
高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世界であることに気付いた。
そして自分が主人公と攻略対象との恋路の邪魔をする悪役令嬢になってしまっていることに…
主人公がハッピーエンドを迎えれば身一つで国外追放、バッドエンドならば攻略対象に殺されるって…
…私にハッピーなエンドなくない!?バッドオンリーなんですけど!?
なんとか破滅エンドを回避して、穏やかな老後を迎えたい!!

「聖女の魔力は万能です」

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。
だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。
召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一緒に召喚された、もう一人の少女のみを連れて部屋を後にしたのだ。置いて行かれた形となった聖はキレた。
とっとと、この国から出よう。
そう決心した。
だが、現実はシビアである。
結局、彼女は王宮内に留まることにした。ただし、【聖女】とは名乗らず、【一般人】として。

「転生先が少女漫画の白豚令嬢だった」

 私の前世の記憶が蘇ったのは、祖父経由で婚約破棄を言い渡された瞬間だった。同時にここが好きだった少女漫画の世界で、自分が漫画の主人公に意地悪の限りを尽くす悪役……の取り巻きである白豚令嬢、ブリトニーに転生していると気付く。ブリトニーは悪事がバレそうになった悪役に全ての罪を被せられ、切り捨てられて最後には処刑されるという悲劇のデブキャラだ。確実に死刑を回避する方法は、悪役の取り巻きにならないこと。この悪役は自分より際立って醜い者しか周囲に侍らせないので、今から痩せればなんとかなるかもしれない。とりあえず、ダイエットしよう!!

「勘違いなさらないでっ!」

 

 男女の仲を破滅させ浮名を流し、兄と妹の結婚話の障害物として立ちはだかる悪女、シャナリーゼ・ミラ・ジロンド伯爵令嬢。すっかり気に入った悪女の役を、本当の自分をさらけださないように必死に演じる彼女。本当の彼女を知る周囲の人間が恩返しにと始めたことは、彼女にとって迷惑極まりないものだった!
「勘違いなさらないでっ!わたくしは悪女が大好きなんです!!」
自分の天職として人生を歩みたい彼女と、結婚はいいぞ、愛はいいぞとゴリ押しする周囲との攻防戦。そして乗り気な彼。
「勘違いしてさっさと(嫁に)こいっ!」
「絶対後悔させてやります!」

「婚約者が悪役で困っています」

 

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することになってしまう。これは、どうにかして平穏な人生を目指そうとするリジーアの奮闘記。

「婚約破棄の次は偽装結婚さてその次は…」

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄はこれ幸いと受け入れる。ところが、不貞を立証するためと称し従兄がアナベルに填めた腕輪には強力な呪いがかかっていた。解呪には特別な品が必要であり、アナベルはその品を手に入れるため、地方より王都に居を移す。そこでアナベルは、偶然その品を持つ公爵と出会う。ありがたくも品を譲ってもらえることとなり、アナベルはお礼として公爵の求めに応じ、偽りの婚約者となる。

「ヒロインな妹、悪役令嬢な私」

公爵家の令嬢として生まれたクリスティーナは、ある日屋敷に引き取られ養子になった妹と対面することで前世の知識を得る。その知識により、この世界が妹のミシュリーをヒロインとした物語に収められることになることを知った。その物語の中でクリスティーナは悪役令嬢としてヒロインとなる妹をしいたげる立場にあったのだが、実際のクリスティーナはそんな知識は関係ないと妹を思う存分かわいがるシスコンと化していた。
けれども、そんなクリスティーナもいつの日か気が付くことになるだろう。
最愛の妹の最良の幸福は、思い出した知識のストーリーの結末にこそあるのだ、と。
それに対してクリスに訪れるのは、処刑か、自殺か、島流し。前世のストーリーに沿えば必ず訪れる悪役令嬢としての破滅の選択肢を知っても、きっと彼女は迷わない。すべては、妹の幸せのために。これは自分の運命を顧みず、妹の幸せのためにいつかは悪役令嬢になるシスコンな公爵令嬢の物語。

「親友モブの俺に主人公の妹が惚れるわけがない」

いっけな~い! 遅刻遅刻!

おいら、椚木鋼! どこにでもいる普通の異世界帰りの高校生!
異世界では勇者なんて呼ばれていたけど、今は一転ラブコメの親友モブをやってるの!

だけど、ある日を境にラブコメ主人公の妹とことあるごとに関わるようになってもう大変!
おいらの平穏な日々はどうなっちゃうの~!?

次回「親友モブの俺に主人公の妹が惚れるわけがない」

そして世界に血の雨が降る……(雰囲気)

「幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い」

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣きながらレイスに全力で腹パンして、「私もあんたなんて大嫌いよ!」と勢いで口走り逃走した、苦い思い出から数年後。貴重な存在である『精霊使い』として成長し、国からとある大役を任されたスーリアの元に、護衛として訪れたのは、冷酷非情な『悪魔騎士』の異名で知られるレイスであった。
行動を共にすることになり、古傷抉られまくりなスーリア。だけどレイスには何か秘密があるようで……。そんな二人が報われるまで。

多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う

 

夢に女神は出てくるし聖剣とやらの声は聞こえるし、勇者を迎えに来たという聖女に目をつけられているっぽいけど僕は勇者なんて知りません。自称勇者様の方をどうぞ王都にお連れください。僕は愛しくて怖い彼女のご機嫌とりに忙しいです。

おすすめ恋愛WEB小説「悪役令嬢としてヒロインと婚約者をくっつけようと思うのですが、うまくいきません…。」

 

前世で読みかけだった小説の世界に転生したと気づいた祀莉(まつり)。
自分の婚約者とヒロインがいい感じに……?婚約破棄?そんなの、どんとこいです!
むしろ昔から何かと恐怖を植え付けてくる無愛想で横暴で傍若無人な婚約者なんて差し上げます。喜んで。
だから……どうか気になっていた物語の続きをお願いします。
大好きな読書(ラノベ&漫画)をしながら優雅に見守らせていただきますので、さあ遠慮なくイチャつきなさい!
……え?あれ??我が婚約者様はヒロインに興味がない?いやいやいや!そんな!なんで!?もしかして自分が何もしてないから!?このままじゃダメだと、どうにか2人をくっつける策を企てるが……

──祀莉は根本的な勘違いをしていた。

勘違いだらけで思い込みの激しい主人公と、それに振り回される幼馴染み兼婚約者の話。

まとめ:WEB小説を楽しもう!!

読了次第どんどん更新していくので、暇があればのぞきに来てください。

WEB小説大国を目指してカピドンでした。
ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました