おすすめ音楽アニメ「四月は君の嘘」レビュー

アイキャッチ画像 アニメ
スポンサーリンク

こんにちはカピドンです。

感動しすぎて、目から汗が出てきました。

この前こんなtweetをしました。

おすすめ音楽アニメ「四月は君の嘘」
華やかな雰囲気の裏に潜むコンプレックス、トラウマ、絶望。
そんな世界観が奏でる、心の奥底まで届く音楽。
愛と嘘の物語があなたに感動を届けてくれます。
音楽に興味がない人でも、ハマること間違いなしです。
ぜひ見てみてください。
140字じゃ伝えきれないので、ブログで詳しく書きます。
スポンサーリンク

おすすめ音楽アニメ「四月は君の嘘」レビュー

君は君だよ “君らしく”なんて 曖昧なものじゃない 何やったって変わったってカンケーない 君はどうせ君だよ

作品名:四月は君の嘘
著者:新川直司
原作:マンガ
全22話
四月は君の嘘は
  • 感動したい
  • きれいな風景が大好き
  • 音楽が大好き
  • 登場人物たちの成長を見たい

という人におすすめです。

それではあらすじを紹介します。

あらすじ
まるで機械のような正確無比のピアノ演奏をする神童有馬公生は、母の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなってしまう。
完全にピアノから遠ざかっていた彼だったが、同い年のヴァイオリニスト宮園かおりと出会うことで、ピアノへの情熱を取り戻していく。
だがしかし順風満帆かに思われた彼らの未来は、彼女が隠していた秘密により脆くも崩れ去ってしまう。
果たして彼女が隠していた秘密、そして彼女がついた嘘とは何なのか?
愛と嘘が奏でる音楽物語の行く末とは…
とここまで読んで「見てみたい!!」と思った方もいるかもしれませんが、さらに興味を持ってもらうためにおすすめポイントや感想を三つ紹介します。

華やかな世界観

一つ目は華やかな世界観です。

「四月は君の嘘」というアニメは幻想的な要素が全くないのですが、様々なシーンから華やかで、きらきらとした雰囲気を味わうことが出来ます。

主人公とヒロインの出会いのシーンでは、とても暖かく春のような雰囲気で、この人が運命の人なんだと感じさせてくれました。

また主人公とヒロインが一緒に演奏するシーンでは、きらきらと壮大な星空の中にいるような雰囲気で、涙があふれだしそうになりました。

この雰囲気たちを支えているのは、きれいな絵と魂を震わせる音楽の絶妙なマッチングだと思います。

やはり音楽と絵に力が入っている作品は、ずっと印象に残りやすいですね。

ふとしたきっかけであのシーンはよかったなと思いだし、幸せな気持ちになれます。

画面の向こう側から響く音楽

二つ目は画面の向こう側から響く音楽です。

「四月は君の嘘」は音楽を題材としたアニメなので、様々な音楽が演奏されるのですが、これらが本当にすごいです。

画面の向こう側で演奏しているはずなのに、心の奥底に響くまるで実際に近くで聞いているような、臨場感を味わうことが出来ます。

私はクラシック音楽は嫌いといっても過言ではないくらいだったのですが、このアニメを見てその認識を大きく覆されました。

クラシック音楽が嫌いなんじゃなくて、知らなかっただけ。

そう思わせてくれるような奥深さ、そして壮大さを感じることが出来ました。

クラシック音楽は難しくてよくわからないなんて思っている人には、ぜひ見てもらいたいですね!!

ヒロインの「嘘」と「秘密」

三つ目はヒロインの「嘘」と「秘密」です。

「四月は君の嘘」では宮園かおりというヒロインの「嘘」と「秘密」によって、登場人物たちがトラウマ、コンプレックスを乗り越えどんどん成長していきます。

特にピアノの音が聞こえなくなって世界がモノクロになった主人公が、ヒロインに出会うことによって、カラフルな世界そして音を取り戻していく様は圧巻です。

劇的な運命の出会いによって、人はこんなにも成長するのかとものすごく驚かされます。

また彼らの姿を見ているとどんな困難に見舞われようと、勇気を出して乗り越えようと思わせてくれます。

本当なら実際に体験しないとわからないようなことを、物語を通して体験できるというのはとても良いことですよね。

興味を持ったらすぐに見よう!!

TSUTAYA TV 【配信中】

U-NEXT【配信中】

アニメ大国を目指してカピドンでした。
ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました