HTML&CSS 「はみ出した要素の表示方法を指定するoverflow」

アイキャッチ画像 プログラミング
スポンサーリンク

この記事はHTML&CSS 「はみ出した要素の表示方法を指定するoverflow」を紹介しています。

こんにちはカピドンです。

今回の興味はプログラミングです。

progateで学んだことをまとめて、不足している部分を追加したりしています。

復習や補足として使ってください。

私も学習中の身なので、間違っている箇所があるかもしれません。

もし間違っていたら、教えていただけると嬉しいです。

カピドン(物語オタク)(@kapidon_reads)さん | Twitter
カピドン(物語オタク) (@kapidon_reads)さんの最新ツイート。物語、筋トレ、ゲーム、ITのために生きています。 現在は大学生。 物語を1000作以上見てます。 また筋トレ初めて約半年で体脂肪率30→18%になりました。 大学生のうちに筋トレ、プログラミング、イラスト、物語、マーケティング、ブログ、YouT...
スポンサーリンク

HTML&CSS 「はみ出した要素の表示方法を指定するoverflow」

はみ出した要素の表示方法を指定する時には、overflowプロパティを使います。

overflowプロパティには主に「visible」、「hidden」、「scroll」、「auto」の四つの値があります。

See the Pen
overflow point
by カピドン(プログラミング勉強中) (@kapidon_reads)
on CodePen.

visible:元の状態

hidden:はみ出た部分を切り取ります。

scroll:はみ出た部分をスクロールで表示できます。

auto:要素が収まるならvisible、はみ出るならscrollの状態になります。臨機応変に対応してくれます。

HTML&CSS 「はみ出した要素の表示方法を指定するoverflow」のまとめ

この記事では

  • overflowは要素がはみ出た時に、表示方法を指定できる
  • overflowプロパティには主に「visible」、「hidden」、「scroll」、「auto」の四つの値がある。

以上の二つのことを紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました