あなたはお金持ちです!!「絶対貧困」

スポンサーリンク

こんにちは!!カピドン(@kapidon_reads)です。

今日は石井光太著「絶対貧困」について感想を書きたいと思います。

スラムに肥満が!?

皆さんスラムには痩せている人しかいないと思っていませんか?

実は肥満の人が意外と多いのです。

貧しいのに肥満が多い。一見相反するようですが、食生活の偏りがあるためにそういう現象が起きてしまうのです。

テレビでは痩せ細っている子供ばかり見ますが、それはスラム街の一側面であって、実際には肥満の人が、意外と多いそうです。

スラムの人達は生きるために、できるだけカロリーの高いものを食べようとします。

しかし仕事が無く一日中寝そべっていることも多いため、肥満になってしまうそうです。

自分が食べる物を満足に選べない人がいる、そのことを知ったことで、もしスラムの人を見つけたら、なにか栄養のあるもの渡せたらいいなと思いました。

スラムの酒事情

著者の石井光太さんは昔とんでもない酒を飲んでしまったそうです。

バナナやヤシの酒なのですが、中にはサビだらけの鉄くずが入っているのです。もちろん酒(らしき液体)は錆色に変色しており、虫の死骸やゴミが沈んでいます。更に表面には黒ビールのような非常に怪しい茶色い泡が。

私達は鉄くずを食べたら大変なことになると理解していますが、スラムの人達はしっかりとした教育を受けていないため常識を知らないそうです。

まさか酒を発酵させるために鉄くずを入れているとは…

取材のためにこの酒を飲んだ著者は、英雄と言っても過言ではないでしょう。

私には絶対にできません(泣)。

 

一日2ドル以下で生活!?

世界には貧民がどのくらいいると思いますか?

 「絶対貧困」と呼ばれる1ドル以下で暮らしている人は12億人以上にのぼると推測されています。

2ドル以下ですと30億人以上。つまり、世界の半数の人たちが一日2ドル以下で暮らしている計算になるのです。

私はこの話を聞いて思わず本を落としてしまうくらい驚きました。

一日200円以下で暮らしている人が世界の半数ですよ!?

驚かないほうが無理がありますよね。

児童労働撤廃

世界的に児童労働を撤廃しようとする動きがあります。

私も賛成していました。

しかしこの本を読んで何が正しいのかわからなくなってしまいました。

妻や子どもたちが働くことで不足分を補おうとします。

彼女たちが廃品回収などで稼いだお金を父親の給与と合わせて、なんとか一家が暮らしていけるようになるのです。

もしかしたら私のように何も知らずに、子供が可愛そうだから児童労働反対とおっしゃっている方がいるかもしれません。

心当たりのある方は、事実を知った上で真剣に考えてみてください。

やはり何も知らずに思い込みだけで意見することは、とても恐ろしいことですね。

読書大国を目指して!! カピドンでした。ではでは

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました