難しい本を読めば頭がよくなるわけではない。漫画やラノベを読んでも大丈夫!!

アイキャッチ画像 読書
スポンサーリンク

この記事は「難しい本を読めば頭がよくなると思っている人」

     「ラノベや漫画を読むのは悪いことだと思っている人」

      「どんな本を読んでいいかわからない人」

に向けて書いています。

こんにちは!!カピドンです。

今回の興味は読書です。

この記事で伝えたいことは「あなたの興味のある分野の本を読み、実際に行動しよう」ということです。

スポンサーリンク

頭をよくするために、難しい本を読む必要はない!!

頭をよくするために、難しい本を読む必要はありません。

なぜなら難しい本は理解できない部分が多くあり、読むのに苦痛を伴うからです。

例えば難しい本の中にわからない箇所があると、理解しようと何度も読み返さないといけないですよね。

私みたいな三日坊主のあなたには、何度も読み返していたら、すぐに飽きてしまうと思います。

でも「 難しい本を読めば、頭がよくなる!! 」という意見の方もいると思います。

確かに難しい本を読めば、知識が増えるかもしれません。

しかし実は難しい本と簡単な本どちらからも得られる知識に、大した差はないのです。

あなたが詳しい分野の難しい本と簡単な本を見比べてみてください。

難しい本は簡単な本を難解な文章で書いているだけだと思います。

(例外はあります)

  • 目標を達成するために、どうしても読まないといけないという人
  • 難しい本を読むのが大好きな人

以外はわざわざ難しい本を読まなくても大丈夫です。

あなたの興味のある分野の本を読もう!!

あなたの興味がある分野の本を読むのがおすすめです。

なぜなら楽しく読書をすることが出来るからです。

例えば現代文の教科書を読むよりも、自分で選んだ本を読んだ方が面白いですよね。

もしかしたら「ラノベや漫画はさすがにダメでしょう」という意見の方もいると思います。

確かにラノベや漫画は一般の人から見れば、役に立たないかもしれません。

しかしラノベや漫画でも、お金を稼ぐことや仲間を人の悩みを、解決することが出来ます。

どんな知識でも無駄なものはありません。

自分が得た知識を生かすも殺すも、あなた次第です。

実際に行動しよう!!

読書をして知識を手に入れたら、行動を起こすべきです。

なぜなら行動を伴わない知識には何の価値もないからです。

例えば極端な例ですが、読書術について世界一詳しくても、本を読んだことがないなら、その知識は何の意味もありませんよね。

まとめ:読書を楽しもう

これまで

  • 難しい本は苦痛を伴うので、読まなくていい!!
  • 自分の興味がある分野の本を読もう!!
  • ラノベや漫画でも大丈夫!!
  • 行動することが大切

ということについて書きました。

いろいろ書きましたが、一番重要なのは、楽しい読書をすることです。

少しでもこの記事があなたに役立ったらうれしいです。

読書大国を目指してカピドンでした。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました